厚さ1.9センチ!新発売のゲオ薄型ワイヤレスイヤホンの実力はいかに!?

ガジェット
プロフィール
陽ですよ

青森県出身です。ガジェットレビューと青森県を盛り上げようとしてます。

陽ですよをフォローする

みなさまコンパクトでコスパの良いイヤホンを探していませんでしょうか?というかそんな都合の良いイヤホンがあったらみんな購入してるとは思いますが…

じつは新発売されたがゲオのイヤホンGRFD-SWE200M6まさにぴったりのイヤホンです。厚さ1.9センチで価格2,999円と低価格でコンパクトとなってます。

ということでこの記事では新発売されたゲオのイヤホンGRFD-SWE200M6を紹介していきます。ケースが滑りやすい等デメリットはある製品ですが購入選択のお手伝いができればと思います。

もはやおなじみ!低価格ゲオワイヤレスイヤホン

定番になってきているゲオイヤホン。

パッケージはいつも似たような海外の人物を使った写真が使用されている。

2,000~5,000円と低価格が特徴。

以前GRFD-SWE04を所持していたが、正直「これは無しやな…」と思いすぐ使わなくなった。理由はすぐ切断されるから!ワイヤレスイヤホンですぐ切断されることほどストレスがたまることはないです。

それ以来ゲオイヤホンを避けていたのですが、時間経ってるし進化してるかも!?と思い購入を決断。

↑以前使ってたGRFD-SWO4。プラスチック感がすごくとんでもない安いっぽさだった。

スペック

名前   GRFD-SWE200M6 ホワイト(ブラックもある)

価格 2,999円(税込み)
重さ ケース23g 片耳3.6g  合計30g
大きさ 横8.5cm 縦3.5cm 厚さ1.9cm
連続通話 約4時間
ノイズキャンセリング 非対応
ワイヤレス充電 非対応
充電端子 タイプC
対応コーデック SBC/AAC
保護等級 IPX4(防塵規定なし 防水あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない)

箱と内容物確認

↓箱の表と裏。ゲオイヤホンのパッケージはいつもオシャレ風な海外の人が使われている。

↓内容物は説明書と安っぽいトレーにイヤホンとタイプCケーブル。

内容物は以上です。

本体を見ていく

↓イヤホン本体。どことなくエアーポッズに似ている。下の黒い点はLEDランプ、そのランプ上部の白いスペースはタッチセンサーになってる。

↓拡大写真。見にくいが下にLRの表示あり。下部にある2つの丸は充電端子。

↓充電端子の下にある穴がマイク。

↓ケース本体。全体的にプラスチックで触った感触はかなり安っぽい。大きさ横8.5センチ、縦3.5センチ。

↓厚さ1.9センチの本体はかなりスリムで持ち運びしやすい。

↓上蓋の空いてる部分は空洞。閉めると磁石でしっかり閉まる。真ん中にある4つのランプで本体電池残量を見ることができる。

↓裏面は充電端子があるのみ。

↓充電するときは写真の様に置くことになる。かなり不安定。ワイヤレス充電は非対応。端子はタイプCで大変よろしい。

操作方法

以下できることとして操作方法を紹介。

・着信応答     どちらかのイヤホンのタッチセンサーを2回タップ。終了も同じく2回タップ。

・着信拒否     着信時にどちらかのイヤホンのタッチセンサーを約2秒長押し。

・再生/一時停止   どちらかのイヤホンのタッチセンサーを2回タップ。もう一度2回          タップで一時停止解除。

・曲送り/曲戻し   右イヤホンを3回タップで曲送り、左イヤホンを3回タップで曲戻り。

・音声アシスタント どちらかのイヤホンのタッチセンサーを3秒長押し。

 

以下できないこと。

・本製品は着脱検知が無いため外しても音楽が再生され続けます。どんどん電池を消耗していき、ケースに戻すことで止まります。

・ワイヤレス充電非対応の為有線での充電のみ。端子はタイプC。

・タッチセンサータップで音量調整できません。

・アプリから音質調整はできません。(そもそもアプリが無い)

使用感

まずイヤホンの装着感と音質を紹介します。

装着感はスカスカです。

耳の中にしっかりはまる製品が多いと思いますが、こちらは耳の中に置いてる感覚。

落ちたりはしませんがつけててすごい不安になります…がっつりと外の音が聞こえてしまいます。

試しに装着してランニングしてみましたが、落ちるとまではいきません。

…ですが落ちそうな不安が常にあります。

100円ショップに売ってそうな装着感です…

またそのスカスカ具合のせいで周りの音が大きい場所で使用するとイヤホンからの音はかなり聞き取りずらくなります。

音質はまぁ普通です。

こもったような音質で特に誉めるようなところは無し。

ただしスカスカ装着感のおかげで外の音がガンガン入ってきます。

まぁランニングしながらであれば集中して聞けないので問題ないかも知れません。

 

ここからはケースの話し。

ケースが大変問題あり。一番の問題は開けにくさ。

↑上記部分がひじょーーに持ちにくい為開けにくいです。

指を引っかけやすくへこんでいれば良いのですがほぼ無くまた、ケース全体の素材がプラスチックの為とても滑りやすいです。

開けようとして滑って落としたことが数え切れず…もう少しへこみがあれば良かったのに…

↑さらにフタが90度より開きません。

またグラつきがけっこうあり、雑に動かすとすぐ壊れそう…控えめに言ってケースの出来はあまり良くないです…

ゲオ薄型イヤホンまとめ

ゲオの薄型ワイヤレスイヤホンGRFD-SWE2006ホワイトを購入しました。

価格は2,999円と安いが音質は普通といった所でしょうか。値段相応です。

イヤホンは音質は許します。ですが装着感は良くないです。耳に乗せた感覚です…

ケースは薄型軽量で持ち運びには大変便利。

しかしながら開け方には問題有り!開けにくい!滑りやすい!といった問題があり、かなりのマイナスになっていると個人的には感じています。

色々デメリットはありますが薄型で持ち運びは楽です。値段も安いので落として傷をつけても精神的ダメージも少ないです。そういった意味ではオススメです。

以上です。

↓他のゲオイヤホンの記事

【ゲオイヤホンレビュー】骨伝導ワイヤレスイヤホンを購入。室内ならおすすめ。 – 陽ですよ日記 (aki-aki-aki.com)

 

↓楽天から購入

【楽天市場】ゲオ GEO 薄型完全ワイヤレスイヤホン GRFD-SWE200M6 BK | 価格比較 - 商品価格ナビ
GEO 薄型完全ワイヤレスイヤホン GRFD-SWE200M6 BKの価格比較、最安値比較。【最安値 2,999円(税込)】(7/29時点 - 商品価格ナビ)

↓他のゲオのサービス




コメント

タイトルとURLをコピーしました